マンション管理・大規模修繕の情報を発信 リプレイスサポート
全国対応 tel:03-6452-9426(平日9:00〜18:00)
無料相談・お問い合わせ
マンション管理会社の見直し大規模修繕の施工会社紹介お客様の声運営会社

責任施工、設計監理、 CM方式-それぞれの特徴とメリット・デメリット

大規模修繕工事の3つの方式

マンションを適切に維持、管理していくためのには修繕工事が必要不可欠です。

適切な修繕工事が行われるかどうかで資産価値も大きく変わると言っても過言ではありません。

そこで今回は、マンションの大規模修繕工事の3つの方式(責任施工、設計管理、 CM方式)のそれぞれ特徴とメリットとデメリットを紹介します。

責任施工方式

責任施工方式

責任施工方式とは、マンションの管理会社や施工会社等一社に何もかもを委ねる方式です。

建設当初からのお付き合いである施工会社や、長年丁寧なメンテナンスを行ってくれた管理会社に修繕を任せるマンションは少なくありません。そういった信頼関係があって、一社を簡単に選定できるケースでは、修繕を発注する側(以下、発注者)にとって、あまり心配事もないし手間もかからず楽だと言えます。それが責任施工方式の一番のメリットです。

ではデメリットは何でしょうか?「責任施工方式」は、発注者の選んだ一社に任せる方式なので、その一社のみをひたすら信じるしかありません。前述したような信頼関係が、管理会社等としっかり築けていれば問題はないでしょう。

しかし、残念ながらそうでない場合もあると思います・また予算・費用の関係で、長年付き合ってきた会社とは折り合いが付かない可能性もあります。

そんなケースでは複数の会社から見積もりを取って比較検討する必要が発生します。数多く存在する管理会社や施工会社から一社を選定するのは、発注者にとって責任も重く大きな負担となります。

責任施工方式をまとめると、「一社に絞れるのか、絞り込み、選びに選んだ一社に託して問題ないと考えられるか」この点がクリア出来れば、発注者側にとって、最も楽な方式といえます

設計監理方式

設計監理方式
設計監理会社が施工会社の工事をチェックし、手抜きのない適切な修繕工事を行わせる方式が設計監理方式です。

メリットとしてあげられるのは、設計監理会社という第三者が加わることで、より良い修繕が行われる可能性が高いことです。この第三者目線に対する期待は高く、人気のある方式です。

しかしデメリットも存在します。設計監理会社は、得てして自社と親密な関係にある施工会社を選びがちになる、という点です。

設計監理会社が施工会社を選定する。選ばれた施工会社が良質な工事を行う。設計監理会社はその実績を買って、また同じ施工会社を選ぶ・・・・。当初はそうであったのかもしれません。しかし、設計監理会社と施工会社の繋がりが深まれば深まるほど、そこには『馴れ合い』が発生し、監理が甘くなる可能性があります。そんなケースでは折角のチェック機能も働かなくなってしまいます。

設計監理方式をまとめると、「第三者目線に対して大幅に期待することが出来ますが、設計監理会社のチェック機能が健全か見極めることが必要」といったところです。適切な設計監理会社の選定が出来るか、これがポイントです。

CM(コンストラクション・マネジメント)方式

コンストラクションマネジメント方式

マンション修繕工事の最後にご紹介するのが、CM方式(コンストラクション・マネジメント方式の略称)です。この方式の最大のメリットは、各工事に対して業者を選定する方式のためコストを抑えられるところにあります。

例えば、鉄部を塗る塗装会社や、外壁のひび割れを直す業者、給排水設備を直す業者など、マンションの修繕工事にはさまざまな業者が携ります。それらを別々に分離発注することで、価格帯を選ぶことが出来、大幅なコストダウンが見込めます。いわば「いいとこどり方式」と呼んでもいいと思います。

但し、沢山の業者がバラバラにマンションに入ってくることになります。そのため、発注者側と業者の間に入ってコンサルタントを行う、調整役のマネジメント会社が必要です。

デメリットは、マネジメント会社の、それも担当者個人の力量一つで修繕工事の結果が全く違ったものになることです。

マネジメント会社の担当は、決して現場には明るくありません。塗装もしなければ、ひび割れも直しません。そのため、実際に作業をする人から見ると、「何にも出来ない人」と思われても仕方がありません。マネジメント会社の担当者が一級建築士であったとしても、机上で活躍する人であって、現場に来たら手も足も出ないと思われてしまうこともあるでしょう。高圧的な態度を取れば、作業員に嫌われる。逆にお人よしだと舐められ、手抜きをされる、そんなことも有り得ない話ではないのです。

CM方式をまとめると、「コストは確実にカット出来るが、仕上がりがどうなるかマネジメント会社の力量よるところが大きい」といったところです。

修繕工事方式のまとめ

どの方式を選んでも、一長一短はあります。現状では、1の責任施工方式と2の設計監理方式を採用する発注者が多く、CM方式についてはあまり聞かないのが実情です。

大手管理会社であれば基本的にはどの方式でも対応できるはずですので、次期修繕ではどの方法を採用するのか、フロント担当と3つの方式について相談してみてはいかかがでしょうか?

スポンサーリンク
   
大規模修繕 btn-contact01

ピックアップ

カテゴリ

ご相談・ご紹介全て無料!あなたのマンションに最適な「管理会社」「施工会社」探します!リプレイスサポート
リプレイスサポートマンション管理改善提案書